Time Is Money

おばんです(~_~メ)

mojaから2回も電話があり、番がまわってきました。

Yです。現役の皆さん、お久しぶりです。

さて、表題の件は私が社会人になってから痛切に感じていることです。

現在自分は食品工場で働いており

5時頃起床→7時出勤→現場が動き出すまでに在庫確認→今日製造分の材料発注→パートさんの出勤時間管理、明日の準備→退勤

みたいな流れです。

この他に

・過去のアイテムの不良在庫(カットロス)が適正か

・次の推奨アイテムの材料に発注漏れがないようにチェック

・パートさんの勤務時間編成(有給とかも考慮してね)

などなど、です。

最初の頃は企業理念や基礎マナーなどを8泊9日で研修し(;゚Д゚)!

叩き込まれました…ええ…そりゃもう…

それから正式に部署配属されて約半年

(゚Д゚≡゚Д゚)?

って感じです。

のりおが言っていた「無知の知」は、社会にでたら痛感します。

それにより、気に食わないことやストレスが結構あります。

でも、管理者は自分よりはるかに知識、ノウハウ、責任の多さ、重さが大きく

私たちペーペーを始め従業員の生活を預かっており、

「会社を更に良くするために熟考の末の決断なんだ」

と思うことで(ある程度)納得しています。

そんなこんなを唯唯がむしゃらに覚える日々…

時間がねぇOTL

それゆえ、たまの休みは起きるのも遊ぶのも自由!!

(*´∀`*)ワーーイ

何もしない日常って、本当に贅沢なことなんだなーと実感します。

しかし、ローテーションのためか同期や友だちと会える機会は限られます。

しかも、相手側が休日出勤だったりして会えないことがたまにあったり…

そういった意味で、秋北関は楽しかった。ああいう時間は宝物ですよ、本当に。

最後に、現役生のみなさんに一言。

現在、部活後にご飯に行く機会が少なくなってますよね?

お金がもったいない?たしかにそれも大事ですが、せっかく社会人やOB、OGさんが来てるんだから

行きましょうよ。

「先輩~、自分お金ないんすよ~ww」みたいな甘えかたをするのも、一つの手。

それすらない今の現状で、果たしてOB、OGさんが「応援してやるか」と思えるような

良好な関係を築けるのでしょうか。

スノボー合宿にしても同様です。

いろいろ理由があるにせよ、せっかく企画してくれた先輩に失礼ですし、なにより北関に来てくださった

OBさんたちと交流できる機会なんだから、相互に交流しないと本当に誰も来てくれなくなりますよ。

OB戦のオーダーを組むにしても

「この人なんて名前だっけ?」

ではどうしようもないでしょう?

何人かには言いましたが、考え直してみてください。

愚痴と批判みたいになってしまいましたが、このへんで失礼します。

あぁ…スノボ行きてぇ…ライブ行きてぇ…MステスーパーLIVE,いいなぁ…


次は…
コメント

私もお金なかったなあー。
お金なくてもおごってくれる優しい先輩方がいらっしゃったなあ。
お金が三円しかなかったのにお釣をもらって所持金増えたこともあったなあ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する