日傘日和


こんばんは

最近バイト先でひっぱりだこなニャン虫先輩に代わりまして書かせていただきます、びわです


☆君の日記にもありましたが…最近暑いですね!嫌ですね!マジで夏とか爆発しろ!
…はい、私は夏が大嫌いです(^_^;)
体育館はサウナだし汗かくし食べ物は腐りやすいし小っちゃい虫とかやたら飛び交ってるし夏だからって何を思うのか周りの人々は浮足立つしで意味もなくイライラしてしまいます
何より紫外線。何故お前はそうもシミやら皺やらを生み出すのか…?
「嗚呼、神様仏様ピッコロ大魔王様、あそこで天使爛漫意気揚々と輝く太陽をちょっと水素爆発させたりしてくれませんか…?」とか訳の分からないことを祈り出したりしてしまいます。暑さにやられてるんです、はい
朝起きて蒸し暑い空気を感じる度に「あー、今日も夏なんだな…いつまで続くんだ…orz」などと思っています

さて、今でこそこんなヘタレたこと書いている私ですが小さい頃は夏が大大大好きでした
夏休みの宿題は日記とか以外は7月中に終わらせる派でした。そしていざ8月夏本番!
待ち受けるあれやこれや…かき氷、夏祭り、バーベキュー、プールに花火に流しそうめん肝試しetc!!
朝のラジオ体操めんどくさーとか言いながらも日に日に増えるスタンプ集めるのが楽しかったりして…(^^*)
朝起きてから夜疲れ切って寝るまで、毎日擦り傷作ったり蚊に刺されたりしながらも外でめっちゃ楽しんでました
2学期が始まるときは、誰が一番黒く日焼けしたかで競ったりもしてました。やんちゃしてたなぁ…と懐かしく思います

それで今でも覚えてるのが、小6の夏休みの終わりごろに蛍狩りに行ったことです
近所の家の友達と親の車に乗せられて、琵琶湖疏水沿いにあるいい感じに草が茂った場所で夕方から待機して
一番星が出始めるころに最初の蛍が光り出して…それからどんどん空にも川沿いにもキラキラ光が増えていって…綺麗だったなぁ…
子供だったので蛍捕まえるぞー!ってもちろんテンション上がってました
まー結局1匹も捕まえられず、家に帰って自分たちが大量の蚊に捕まってたのに気づいたわけですがw
あの幻想的な感じは他のとかく騒いでただけの思い出とは違って、なんだか忘れがたいです

……

…などなど、昔を思い出したら多少は夏に対する嫌悪感も薄れるかと思い書いてましたがあんまり効果はないようです
数年にわたり守り通してきたアンチウルトラバイオレットの思いは生半可な回顧では薄れないみたいですね
あ、でも笠間にあるホタルの里とか行ってみたいです。もちろん日が沈んでから(^O^)

さあ、明日も日傘でお出かけ☆

では、今回はこの辺で失礼します
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する