教育基礎選修

例のごとくタイトルにまったく関係ありません。

こんばんは。

ウォッカDです。

この日記が皆様より好評をいただいているようで何よりです。

まぁ、この日記は皆様が書いてくれることで成り立っています。つまり皆様のものですから大切にしていただけると嬉しいです。


さて、いよいよ2月に入りましたね。この日記を書くのもおよそ半年ぶりですか。
ここでひとつ皆さんに報告しておきましょう。

現在2月。4月まであと2ヶ月。そう、あと2ヶ月したらニート、あるいはフリーターになる可能性大です。

そして水戸ともとうとうサヨナラな感じになっちゃう予感。


私の実家は現在、父と祖父しかいないので、長男ということもありそろそろ実家に戻らなくちゃなぁなんて思っていました。つきましては、勤めている学校もやめる予定でした。

しかしながら、こちらから辞めると申告する前に学校側から次年度の戦力外通告を受けるとは。

といった理由で辞めることになりました。

そして現在就職活動中でございます。

なかなか世間様というものは厳しいものですな。とことん決まりそうにもありません。

時代が悪いのではなく、自身が能無しだから決まらないのだと深く、かつたまには浅く考え込んでおります。

いろいろエントリーはしてみましたよ。

吉本興業、AV会社、不動産、大学職員、ミズノなどなど。
あと、市役所なんかも受けてみたり。

まぁ駄目ですわな。

なかでも不動産の面接は酷かったなぁ。

その一部始終をどうぞ。


面接官「キミ、なんでそんなに覇気がないの?」

私 「すみません」

面接官「西武台のバドミントン部なのになんで?もっと激しくやってきたでしょ?」

私 「すみません」(てか、先輩なのか?)

面接官「〇〇先生ってまだいるの?」

私 「いらっしゃいます」

面接官「どうして教員から不動産に?」

私 「それなりに適当に答える…」

面接官「てゆうか、女子高生とやったんでしょ?」

私 「いいえ、やってません」

面接官「いま勤めてる学校も知ってますけど、学校に言わないから言ってごらん。やったんでしょ?」

私 「絶対にやってません」

面接官「一回くらいはやったんでしょ?言った方が楽になることもあるよ?」

私 「…やってません」

面接官「あーそうですか」


てな具合に取り調べがごとく話はすすんでいきましたとさ。

こんな感じで取り調べされたら嘘でも自白しちゃうだろーなぁ。


ともかく、特にやってみたい職業とかないってのはさみしいことですな。やっぱり芸能人になるしかないかぁ。あるいは、無駄に東大を受験するか。

現役生の日記で、「教育実習は毎日寝る間もないくらい大変だけど、次の日子どもと会ったら元気になれる」って書いていた人がいましたけど、そういう人のみが教員になるべきなんですな。

自分なんか、ほとんどの場合そうは思わなかったですよ。
そりゃぁ、実習の成績がCとBがつきますわ。

Cがつくと教授に呼び出しされるんだよ!

そこで教員になるべきじゃないって気がつけばよかったわ。

気がついたら教員のレールに乗ってしまっていたわけでね。

中学生の時は大工になりたかったんですわ。高校はYONEXの社員。
そしていつの間にか教員に。

大学だって、近所だし、バドミントン界で有名な先生の後輩になれってことで埼玉大学志望だったし。


まぁ今回、こういう形でこそあれ野に放たれるという状況を楽しみたいですな。

なにやったっていいんじゃん。

私には無限の可能性が広がっている。なんて言っちゃうくらいにしてね。

4月から何をしてるか楽しみだわぁ。



大学をいよいよ卒業する先輩もいるということで、サヨナラ水戸も兼ねて激しい感じのパーティーしちゃいますかい?
コメント

水戸追いコン開催

日時:ウォッカDくん引越し前日
場所:ウォッカDくん家
(ビニールシート完備予定)
資格:惜しくもバドミントンでは勝てなかったが、飲みでなんとか2人をぶっ潰し 勝ち逃げしたい などという人。
かつ、ナイアガラに挑戦する勇気のある者。

また、人の家でぶちまけたいという衝動・欲求・癖 のある者。

などなど

絶対参加!!

No title

(うちじゃなくて)ウォッカDくんの部屋なら安心してぶっ壊せ飲めますね

ところで、その名前の由来となった伝説を、当時私は見逃してしまったのですが・・・最後ということで・・・まさか・・・

うちは二階だから落ちたらまずいってことで、もし他の家があるならばそちらで

ワタシはオサケあまり強くないから手加減シテネ・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する