幸福のしっぽ

>先生や指導法の先輩からはKウォッカ先輩の話題がでつつ…
が気になります。
こんばんは!!お久しぶりです・・・Kウォッカです^^

今年度、部活には2回くらい顔を出した程度で、1年生にも4人くらいしか会っていません。
明日、少しおじゃまできるかな・・・
みんなに会いたいです。バドがしたいです。

小学校の教師になって早半年・・・!!
今は、ものすごーく辛い時期です。
腕にはあざだらけです。毎日が格闘。
4年生の担任をしているのですが、今が一番複雑な時期です。
3年生まではまだかわいい。先生、先生!!という時期。
5年生になると落ち着いてくる。喧嘩もほとんどない。
その間の4年生は、反抗心も出てきたりして、とっても不安定なんだと思います。
強がってひどい言葉使って暴力ふるって必死に抵抗しようとしていても、やっぱり子ども。
こっちが本気で怒ると泣くのを必死で我慢しているのがよく分かる。
本当はだめなことだと分かっているのにかっこつけてやってしまう。
子どもって、分かりやすいなぁって思います。
ちなみに男の子たちです。
女の子はみんなおりこうなんです☆
ついこの間までは、かなり滅入ってぐるん状態でしたが、最近はそう思えるようになってきて、
だいぶ楽になりました。
そして、子どもたちの成長を感じられたときとか、授業中楽しい雰囲気になったときとかは、
かなり幸せです。

運動会があって、9月はとても忙しかったです。
私の学校では、鼓笛隊や組体操があったので、練習に明け暮れる毎日でした。
当日は成功に終わり、とても良い思い出となったことでしょう。
私は子どもと一緒に組体操の2人技や3人技をやりました☆
ワンピースの曲に合わせて、こどもたちはピラミッドやタワーを作りました。
私は今まで、運動会で鼓笛隊や組体操をやったり見たりしたことがなかったので、
とっても新鮮でした!
皆さんの運動会はどのような種目があったのでしょうか。
徒競走、障害物競走、紅白綱引き、玉入れ、親子競技、紅白対抗リレー、地区対抗リレー
これらは王道でしょうか^^
最後は○○音頭をみんなで踊って、閉会式・・・。

今年はどの小学校も、低学年は「マル・モリダンス」でしたね。
とってもかわいかったです!!
特に、「だい、す、き、だ、よーーーーー!!!」
という場面があるのですが、もう胸がきゅんきゅんしてしまいました。
はぁ~癒されました。


今は、こんな感じで、学校のことが頭から離れません。
私の脳内は学校学校学校学校学校学校です、絶対。


くまちゃんの日記にもありましたが、体育科には山登りの授業があります。
私も学生の頃は様々な山に登ったり、
ロッククライミングしたり、
川をカヌーで下ったり、
スキーで1回転したり、
色んなアウトドアを楽しんできました。

私の小学校には幸いにも職員13人中4人体育科がいるんです!
その先生方で時々山登りに行ったり、飲んだりします。
同じ趣味を持っている人とはやはり気も合います。
バドのラケットにも触れていない今日この頃。
日記を書いているうちに、
バドというつながりを大切にして、これからは部活に顔を出していきたいなぁと改めて思いました。
体育館も直ったみたいですし、合宿では少しでも役に立てるようになりたいものです。

なぜ山に登るのか・・・
それは、そこに山があるから

なぜ教師になったのか・・・
それは、そこに子どもたちがいるから

なんて決めぜりふ言ってみたいものです^^


最後に・・・
「幸福のしっぽ」というお話を知っていますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
子猫が自分のしっぽを追いかけてぐるぐる回っている。
年取った猫がなぜ?と子猫に尋ねる。
子猫は答える。
「猫にとっての幸せは、このしっぽをつかまえることだって気付いたんだ!」
「だから僕はこのしっぽをつかまえようと追いかけているんだ。」
すると年取った猫が言った。
「私にもそんなときがあったわ。でもね・・・。」
「しっぽをいくらつかまえようとしても、しっぽは逃げる一方。」
「逆に、自分のすべきことを毎日きちんとやっていれば、しっぽは自分に付いてくるの。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なるほど・・・
子どもに好かれたい!優しくしたい!いい先生でいたい!と思うのではなく、
クラスのため、子どもたちのためにやるべきことをきちんとやって努力すれば、
子どもたちは自然と付いてくるんだな!

皆さんにとっての「幸福のしっぽ」は何ですか?


自己満の日記になってしまいましたが、今夜はこの辺で。
次は・・・誰にお願いしようかな^^
みなさん、インフルエンザの季節になってきましたので、気をつけてお過ごし下さい。
おやすみなさい☆ミ
コメント

3年生は可愛く、5年生は落ち着いている。4年生は不安定…。本来はどの学年も等しく落ち着けます。子ども達の様子を語る前になぜ不安定なのか、自らの学級経営を振り返ってみてください。そこにあなたの教師としての成長する種が沢山あると思います。今後の活躍を期待してます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する