ホームストリンガーのすゝめ

ども、ziです

地デジ完全移行に伴い、終にうちのアナログテレビが御役御免となりました
まぁ、BGM代わりに見てないテレビをつけておくということがなくなったので
節電にはなっています

パソコン用のチューナーでも買おうかと思ったけど
地デジに移行した瞬間、6000円の品が4000円も値上がりするなんて、どういうこっちゃ
それでも売り切れ続出なんだから困ったものです
しばらくはテレビなくていいや


それはさて置き\( ̄。 ̄\=/ ̄ 。 ̄)/
私は常々、自分のラケットは自分でガットを張るのが良い と思っているのですが
意外なことにそう思うのは少数派の様です

しかし、ホームストリンギングは良いことがいっぱいです
例えば
1、費用が安く済む
  お店で張ってもらった場合大体2000円以上掛かりますが
  ガットをロールで買って自分で張れば一張り1000円以下です
  ストリングマシンは安いものなら4万円弱からあるので、40本も張れば元はとれます
  また、他人のを張るときに張り代をもらうことも出来るといえば出来ます
  私は他人のラケットで張り方の研究をしている側面があるのでもらいませんが  

2、ラケットに愛着がわく
  ガットを張っているとラケットの色んな事に気が付けます
  フレームやグロメットの傷だとか、しなり方、実際どの程度の力でガットが張られているか等々
  グリップテープは自分で代えると思いますが、そんなものはカップルで例えるなら
  手をつないだ、程度のことで、やはりガットを張りながら細かいところまで見ないと
  ラケットと深い仲にはなれません
  
3、言い訳のネタが無くなる
  負けてラケットのせいにしたいとき、自分で張っていれば責任を転化することが出来ません
  さらに、一度自分で張り出すと他人に任せるのは嫌になります   

4、上手そうに見える 5、話のネタになる 6、ハイテンションで張れる 7、時間の節約 8etc........

とにかく自分にとってプラスになることが多いです
興味がわいたらすぐに行動に移すのが吉思い立ったが吉日
では

 
コメント

No title

ziってあれですよね。絶好調I島、みたいな。

No title

懐かしすぎるi-239
それも後世に残すべき名言だね、あとウザいと~、とか
来ないでとかミートボールとか、何かふと思い出されました(遠い目)

p.s. 20日に新潟寄ります
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する