FC2ブログ

冬は寒いけど夏よりはいい


過去のプログラミングの期末テスト最中のこと



「あれ…?



これをこうするとループに入って、



ここに代入すると変数の値が変わるから、



そうなるとこのフラグがたって…



できた!!」



と、かなり苦戦してプログラムを書き上げることが出来ました。


あらぴかです。みなさん、おはこんにちばんは。

タイトル全く関係ありません。

今回の日記は

「これであなたも一流プログラマー」

「衝撃!?ブラックバイトの裏側に潜入!」

の2本立てでお送りします。












…嘘です。

一流プログラマーなんて言えるほど大層な知識なんて持ち合わせていません。

バイトなんて本人の感じ方次第で全部ブラックになります。



日記で何を書こうかと迷って

ふと

自分の日記を振り返ってみると


情報工学科なのにそれっぽいことが全く書かれていない


「これでは計算機屋として名折れなのではないか?」


と思ったので、少し自分の専門分野について話してみようかと思います。


if (あなたがプログラミングについて興味が無い) 
{ 興味を持たせてあげましょう。続きをどうぞ }

else if (あなたがこの日記に興味が無い)
{ ご精読ありがとうございました。次回作に期待! }

else { このまま続きをお読みください }


なんとなくニュアンスでわかるかと思います。


ちなみにこれはC言語をわかりやすくしたものであり、正確な文法とは別物です。


解説しますか。

まずは if ですね。こいつは条件分岐をするときに使います。

簡単にいうと、「雨が降っていたら傘を持っていこう。降っていなかったらそのまま外出しよう。」

みたいな使い方です。

こいつには定型文がありまして(使い方が決まっている)

if (条件文) {実行文} となります。

これは、かっこ ( , ) で囲まれている 条件文 を満たす場合

鍵かっこ { , } で囲まれている 実行文を 実行せよ

という意味です。

お次は else if です。 こいつは if を用いた際、

他にどういう条件があるか?

ifで分岐できる以外の条件の時はこっちに誘導しよう という場合に使います。

これも簡単にいうと、「曇りだが、雨が降る予報なので折り畳み傘を持っていこう。」

というニュアンスです。

使い方は if と同じです。

最後に else です。

先ほど if などで条件を設定しましたね。

こいつはその条件以外はすべて else の後ろにある {実行文} を実行しろ という意味です。

これも簡単にいうと、「雨でもないし、雨予報でもないから傘は持って行かない。」

ということです。

いかがでしたか? ↑の if やら else の意味がわかったでしょうか?


これ以外にも 繰り返し の while などいろいろあるので気になった方はレッツプログラム!


プログラミングはロジカルなんですよー


奥が深いんですよー


深すぎてブラックと呼ばれることもありますよー




そろそろバトンパスしますか

次の方は、今度一緒にスイーツ食べ放題に行く人です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する