秘密

こんばんは。いよいよ寒い季節になってきましたね。
どうも、とりきちです。
まあ、なんだかんだでいろいろあってもう1時半です。
『ごちうさ』を見ながら書いてます。
あと、どうでもいいかもしれませんが、これはMacを使って書いています。とても有能だと思います。

そして、今誰かが(たぶんでんでんの人)が大声で僕の名前を呼びました。とてもびっくりしました。
今僕は、でんでんの同志のところにいます。

最近、といってももう3ヶ月位前のことになりますが、
僕は、夢の中でなら意識的に空を飛ぶことができる、ということがわかりました。
飛ぶ、というよりかは、浮くと言った方がいいかもしれないです。
急に重力がなくなったみたいな感覚がして、ふわふわ、空に、浮くことができます。
ただ自分の行きたい方向に行くことができるわけではなくて、
赤い風船みたいに、風に流される感じです。

慣れてくるとなかなか面白いもので、僕は思いついた時には空を飛んでいます。
浮き上がるのは意外と簡単なんですけどね、
降りるとなるとちょっと、、、
僕は高いところが苦手なので、、、、
なるべくゆっくり降りるようにしてます。

今はこれを現実の世界で行えるように、
少しずつですけど、修行しています。

もう少し、

もし、この世界にサンタクロースが一人しかいなかったのなら
この世界は一瞬にしてなにもかもがなくなってしまうそうですが、
そもそもサンタクロースがこの世界に一人であると決まっているわけではないですし、
この世界がクリスマスの始まりと同時に無くなってしまっても
別にいいと思うんです。

むしろ、みんなが気づかないうちに全てが終わるなんて、
少しスッキリします。

もうすぐ4時になります。

この日記も、誰も気付かぬうちに終わりにしようかなーなんて思ったり、、、

嘘です。

ちゃんと続きます。

僕の次の人は、えー、なんと紹介すればいいのか、
とりあえず言えることは、
彼の嫁はミクニャンです!

え?僕の嫁?
それは、、、秘密です。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する