あべとも

こんばんは。最近爪を切ったまこしです。

このところ部活に混ざることも少なくなり、巻き爪の痛みを忘れて足の爪を結構切ったりしました。
今日は地区の予選会があったのですが、終了後に高校に戻って練習をしました。人数が少なめだったので混ざってましたが、巻き爪がそこそこ痛くなってきたのでやめました。

そんなことはどうでもよくて、びわの日記をみて、オセロに対する意識の低さを思い知りましたね。

茨城といえばオセロ。
それを知らずして茨城に来るとは、腐れ外道もいいとこですね。

オセロは、水戸で誕生したテーブルゲームで、発案者は医師である長谷川五郎。
つい数年前に亡くなったばかりです。

指先のリハビリを行うのには、ものをひっくり返すという動作が効果的で、その動作をゲーム感覚でできないかと考えてできたのがオセロです。

もともとの素材は牛乳瓶のふただったとか、世界大会は隔年に近いペースで水戸でひらかれているとか、長谷川五郎は実は千葉出身だとか、そんなことはどうでもいいんです。

誰でも手軽にできるからと言って、オセロのことを甘く見てませんか?

オセロに定石があることを皆さんはご存知でしょうか。
ネズミ定石、牛定石、バッファロー定石。

打ち方や、攻め方にも名前がついています。

やすり攻め、X打ち、天王山、中割、ウイング、山、爆弾、A打ち、B打ち、C打ち・・・


なんか、バドミントンに似てませんか?
みんなできるからって、世間では「簡単そう」みたいに思われていて・・・でも、実際やってみると奥が深い。

オチのない話をしてしまいましたが、

オチといえば、先日本校に和泉元彌がきました。
残念ながら空中元彌チョップは見られませんでしたが(^_^;)

狂言なるものを初めて観ました。言葉は室町時代のまんまだったので少ししかわかりませんでしたが、それでもオチがわかる素晴らしい芝居だった気がします。
生徒は退屈そうでしたが。。。

てか、生徒の中ではプロレスラーという認知は全くないみたいで、授業で空中元彌チョップを教えるのにめちゃくちゃ苦労しました。

パソコン室に連れてって、情報の先生に見せてもらいました。


なにやってんだかって感じですが、毎日楽しく過ごさせていただいてます。


ちなみにミニ四駆の大会は惜しくも2位でした。他のお客さんが落としていったパーツをコースで踏まなければ、、、


さて、いい時間なので次に回したいと思います。




追記。ウチのクラスの子が行くのはバッファローではなくバファロー。
コメント

なぜ俺のHNが、、、笑

びわ

すいません茨城といえば納豆と水戸黄門でした。こんなこと言ってていいのは小学生までですね。出直してきます(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する