運命は変えられない

こんにちは、理学部生物科学コースのあべちゃんです

最近チバちゃんやマエケンからサムライと言われます。

理由は、後衛から前衛までの詰めが直線で無謀だから みたいなことを言っていた気がします。

褒められていないようなので、サムライ卒業を目指して意識しています。


千葉ちゃんの真似して自分も学科の話をしたいと思います。

2年になって生物を専門的に勉強するようになりました。

その中に遺伝学というものがあります。

親の形質が子にどのように伝わるかみたいなのを考えていくものです。

例えば、アメ耳とカサ耳の親から生まれる子供はアメ耳が生まれやすいとかそんな感じです。

その中に「これも遺伝で決まっちゃうのか!」
と思ったものがありました。


それは前光りタイプと呼ばれるものです。

要するにハゲですね。

頭の中央ではなく前部からなくなっていくやつです。おでこと頭の境界線をなくすやつです。

この遺伝子を持ってる男性は、20歳代から毛髪が失われるそうです。

女性にはほぼ影響はなく、影響しても老年期になってからだそうです。


若い頃の生活習慣で年齢は前後するのかもしれませんが、生まれた瞬間に頭の運命は決まってるってことですね。


親が前光りしていたら、男性の方々、将来はそうなると早い段階から覚悟しておいたほうが身のためでしょう。


遺伝子には逆らえません。


自分の父親がもしかしたらその前光りタイプなのではないかと、最近父親の頭をじっと見つめてしまいます。

坊主なのでわからないんですけどね笑


少しでも可能性を減らすために睡眠時間の確保を心がけようと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。


次ははせです。





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する