この世の理

更新遅れて申し訳ございません。

マエケンです。

三寒四温の時節、寒さの中にも春の足音が聞こえてくる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

大学生は待ちに待った春休みが来て浮かれ狂っています。

僭越ながら私マエケン、無事運転免許を取得することに成功いたしました。

ちょくちょく実家に帰っては、親の車を安全運転でブンブン乗り回しております。

実は、実家には月1か0.5程度で弾丸帰省しております。

帰ると いとこの子供たちが遊びに来ていることが多く、一緒に遊んだりすることがあります。

4歳の女の子と2歳の男の子なのですが、とてつもなく可愛くて見ているだけで顔の筋肉にしまりが無くなります。

一緒に遊んでいると、いろいろ気づくことがありました。

ボール遊びをしていると、ボールを取り合い喧嘩になってしまうことがあります。

すると、周りの大人は弟の方に貸してあげなさいとお姉ちゃんに我慢を強いるのです。

こうして長女は理不尽な仕打ちを受け、我慢を覚えさせられて育っていくのだと感じ、とてもさびしく思いました。

果たしてこれは正しい理なのか。

長女や長男は我慢しなくてはならない、こんな理不尽があっていいのか。

この教育は間違っているのではないのか。

僕は考えました。

こんなに弟や妹を甘やかしていたら、きっとわがままなくぞガキが育ってしまう。

我慢を覚えさせるべきではないのかと。

こうして僕は、平等に交代交代で遊ばせようと決意したところでした、


しかし、その時、僕は思い出した。

自分が次男であることを。

思うと兄はものすごく我慢体質…

なぜこんなに遠慮するのか、欲がないのかこの人にはと散々思ってきました。

僕のせいだったのですね。

しかし反省はしません。

次男万歳、末っ子万歳、弟最高

わがままだっていいじゃない、末っ子だもの。 

これがこの世の理です。

以上

次は間っ子の人です。




















コメント

長男で得することもあるにはあるけど
やっぱり末っ子っていいなーと思うよ
(* ̄ー ̄)

カピバラさんコメントありがとうございます!

一流スポーツ選手は末っ子が多いらしいですよ!
イチローとか!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する