若いっていいな

こんばんは。井戸端会議@水戸キャン。びわです。

前の日記にも書いたのですが、現在水戸キャンで院生してます。研究室の先輩にまさかのバド部の先輩がいました。機材の使用記録に見覚えのある名前が…(゚д゚)
先生も「バドミントン部…あぁ、〇〇君はお元気ですか?」と仰っていたので間違いないです。
かなり上の先輩で、2回くらいしかお会いしたことは無かったと思うのですが、伝言を頼まれたので勝手にこの場をお借りしてお伝えします。

理学部A棟一階の超遠心機で光合成細菌(の一部)を集めていた先輩。
「たまには顔を出してください」
とのことです。

さて。

タイトルにもある通り、最近若さに焦がれます(笑)
研究室帰りに部活に顔を出したりすることがあるのですが、現役の挨拶のまーーーーあ元気なこと。
聞くだけで元気を貰えるというか、そんな挨拶です。実際疲れた日でも部活に立寄るだけでちょっと回復します。ありがとう現役(笑)
自分もかつてこんなだったかな…というのを思い返してみたところ

「落ち着きすぎ」
「キャピキャピが足りない 」
「覇気が無いよ覇気が」

3つ目を思い出した時点でやめました( °̥̥̥ω°̥̥̥ )
自分も年齢だけなら十分若い筈なのに、「若いね!」と思われるだけの何かが足りない。何かが。

…若いって何だ?

徹夜ができる体力?ノリの良さ?テンションの高さ?良くも悪くも未熟であること?どれもこれも違う気がします。一番しっくり来てるのは「溢れるエネルギー」ですが、これも抽象的過ぎて気に食わない。なんなんでしょう、若さ。不可解です。

今後失う一方であるならば、せめてその招待が何なのか知りたい。そんな風に思います。誰か答えを知っていたら教えてください。

お次は、自転車と共に生きる先輩へ。
コメント

No title

理学部A棟1階の超遠心機で光合成細菌の一部を収集していた者です。汗

大友先生からの伝言、拝承致しました。
ご連絡頂きまして誠にありがとうございます!

231先輩!

コメントありがとうございます。研究室で大先輩の名前を見かけるのは不思議な感じです(笑)

伝言、しかと伝えました!( ̄^ ̄ゞ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する