Pyroclastic Flow

更新遅れて申し訳ございません

地球環境科学コースのマエケンです。

つい最近、一週間ほど卒論の調査のため宮城と岩手に行ってました。

教授と4年生の先輩と3人で、前半は先輩のフィールドである栗駒山の調査、後半は僕のフィールドの調査をしました。

年に1回だけ、教授が調査に同行して、アドバイスやらなんやら口うるさくご教授していただきます。


では少しだけ僕の研究について紹介させていただきます。

僕はヤス先輩と同じ火山研究室に所属しており、火山について研究しています。

火山にも色々な種類があるのですが、僕は超爆発的噴火について研究しています。

皆さんも中学の理科でやったと思うのですが、マグマの粘り気がとても高いタイプの火山になります。

そんな火山が噴出する恐ろしいものと言ったら.....



そうです皆さんご存知火砕流です。当たり前ですよね。

正確には火砕物密度流、火砕物重力流と言います。

火砕流に飲み込まれたら大変です。

300℃を超える灼熱の熱気とゴロゴロしたものによって、焼きながら潰され、ミンチにされます。

人なんて簡単に死にます。

すごいですねー。

そんな火砕流の堆積物を調べることによって、過去にどんな噴火がそこで起きたのかを解明するのが僕の研究テーマになります。

興味ないですよね。

皆さんにはこの面白さが一生わからないことでしょう。

こんなに面白いのに。。。


そこで宮城県というのが僕の研究対象地域があるところになります。

宮城県北西部にある鬼首カルデラからの噴出物を調べ、卒業論文を書きます。

カルデラの意味がわからない人は恥ずかしいと思って自分で調べてください。

そこの鬼首カルデラで約20万年ほど前に起きた噴火の推移について解明する予定です。

人間の排泄物を調べればその人のことが分かるように、火山からの噴出物を調べればある程度その火山の状態が分かるんです。

だから噴出物を探して調べるのです。


と述べましたが実際に20万年前の宮城県に行けば一発で卒業研究が書けます。

よって、これからは、

工学部で情報工のあらぴかにプログラミングをしてもらい、

マテ工のりょーちんに壊れない頑丈な素材を作ってもらい、

機械工のすがらんティーの先輩に最強のエンジン関係を開発してもらい、

タイ米に電気回路を作成してもらい、

たにこんに量子力学観点から監修していただき、タイムマシーンを開発していく予定です。

近頃第一回タイムマシーン作成会議を招集するので、各々準備しておいてください。


次は最近まで大子町で虫や植物、爬虫類を食べていた人です。

バレなきゃセーフ

マエケンです。

知らぬ間にとりきちがぼくのバイト先にいました。

困ります。

彼はたくさんご飯を食べます。

毎回まかないの争奪戦です。

勘弁してほしいです。


早いもので大学3年になりました。

研究室に配属され、いよいよ卒業研究が始まりそうです。

ヤス先輩と同じ火山研究室に進みました。

とても楽しみです。


しかし3年はとても忙しいです。

6月末には4泊5日で富士山に調査。

7月には大子に2泊3日で地質調査。

8月には7泊5日で北海道に調査。

11000千円のMyハンマーを持って、

8000円のMyクリノメーターを4320円のMy調査カバンに入れて調査します。

Myハンマーってワクワクしますよね。

お金かかりますね。

大子で2万円。

富士山で5万円。

北海道で7〜8万円。

田児賢一にお金の作り方を教えてもらおうと思います。

次は肺呼吸のあの人です。

成人祝いとお年玉をいっしょにすな

ありがとうございます!

成人になりましたマエケンです。

成人式すごく楽しかったです!

同窓会も最高でした!

ところで、茨城の成人式はよくニュースになります…

今年もつくばの方では大変だったそうで…

僕の地元の古河市の成人式は平和?に終わりました。

でも、古河にも屋根が切り取られた車は確認できました。

成人式の後はどーするんですかねその車。


成人になった今年の目標は「めんどくさい事からやる」と決めました。

3日で諦めました。

レポート溜めてます。

洗い物も溜めがちです。

めんどくさいことはいつやってもめんどくさい。

なら後でやろう。

以上あざした。

次は岩手の成人式をお伝えいたします🤝

世界最大の謎

朝晩はめっきり寒くなり、吐く息の白さに秋の終わりを感じるようになってきた今日この頃

いかがお過ごしでしょう。

こんにちはマエケンです。

最近サッカー日本代表の浅野拓磨に似てるとよく言われます。


さて、まだ11月なのにバイト先のエクセル南では

メリークリスマスとハッピーニューイヤーの曲が流れ出しました。

ハッピーニューイヤーの前に近頃ハッピーバースデイの方が何人かいらっしゃるようで。

そのうちの一人のイエス君。

確か名前はキリストだった気がします。

でもイエス君、実は本当の誕生日は誰も知らないそうです。

何処の馬の骨かも分からん学者が勝手に決めたらしいですよ。

かわいそうですねイエス君。


そんなかわいそうなイエス君の誕生日の前夜にやってくるジジイがいますね。

今日はそのジジイの活動実態に迫ってみたいと思います。


では初めに、世間一般のそのジジイの定義を一度確認してみましょう。

まず、ジジイはこの世に1人であること。

次に、ジジイのすることは世界中の子供たち全員に無償で供物を分配すること。

そして、そのジジイが現れるのはイエス君の誕生日の前夜だけであること。

最後に、このジジイは架空ではなく実在し、特殊能力は持ち合わせていないこと。

以上を踏まえた上でこのジジイを検証してみたいと思います。


まず、この世界には約20億人の子供たちがいます。

そのうち、このジジイが現れるとされる子供達の人数は、イスラム、ヒンドゥー、仏教を除く約15%ほどで、約3億人とされています。

世界国勢調査によれば、一家庭あたり平均3.5人の子どもがいるので、

その世帯数はおよそ8570万軒となります。

地球の時差と日付変更線の関係により、そのジジイが活動できる時間は31時間であり、

これにより、1軒あたり

31 / 8570万 で 0.00130225秒 の間、訪問に当てられる計算になります。

これら、8570万軒の家が地球上に均一に分布していると仮定すれば、その間隔は約1,4kmとなり、

そのジジイがイエス君の誕生日の前夜に移動すべき距離は延べ、1.2億km程度であると結論付けられます。

1.2億kmを31時間で移動するために必要な速度は、秒速1040kmであり、音速の約3000倍になります。

また、子どもたちへの供物の重さを一つ1kgとすると、その総重量は、約30万トン。

また、普通のトナカイがけん引可能な重量は、130kgであることから、

便宜上ソリの重さは無視するものとして、

トナカイの数は、約230万頭を必要とする計算となります。

よって230万頭のトナカイたちを含めた、御一行の総重量は、約87万トンになります。

したがって、イエス君の誕生日の前夜には、

87万トンの物体が、秒速1040kmで飛び回っていることになります。

そしてこの理論が正しければ、通常ソニックムーブと呼ばれる衝撃波が発生します。

このソニックムーブによって、地球上の大体の施設は破壊されることでしょう。


つまり、イエス君の誕生日の前夜に地球は滅亡することが分かりました。


しかし、なぜイエス君の誕生日は毎年やってくるのか...



とても不思議ですねー


では、次の人この謎解いてくださいよろしく。

極楽極楽

こんちはマエケンです。

タイ米の想像とは逆で怪我は全く回復していません、痛いです。


そんな怪我をいち早く治すべくスーパー銭湯に通っています。

ヒロP先輩ご指導の元、チバちゃん、プラスαで主に行きます。

そこでのメニューはサウナと水風呂を繰り返し、血流に刺激を与え、筋疲労をとることです。

だいたいそれを3セットやるのですが、水風呂は毎回地獄です。

チバちゃんは必ず暴れ出します。

こないだ、サウナでハクレンの話をしてたらおじさんにブチ切れられました。

全くもって不本意です。

サウナは約10分前後入ります。

サウナにはテレビがついおり、番組の内容次第では10分があっという間だったり地獄だったりします。

しかし、このメニューをこなした後の眠りは格別です。

速攻眠りにつけます。

実は、今日もやってきました。

今くっそ眠いです。

いち早く寝たいのにこの日記のせいで寝れません。

もう無理です。

寝ます。

おやすみなさい。

次はサウナ師匠でs…💤