無題

こんにちは、ヒロPです。
ご紹介いただきましたとおり、じーま先輩にはバドミントン部の基礎(?)を手取り足取り教えていただきました。
お酒の正しい飲み方(わんこそばならぬわんこビールと命名しますのでどういうものかはご想像にお任せします。)や自転車の乗り方、あとは市民大会へたくさん連れて行っていただいたりしました。

良き伝統なのかは不明ですが、宇大定期へ自転車で行くことも数年の間途絶えていましたが、僕が再開させて以来現在の部員まで続いているようです。(多分)

外部の大会にも結構出場しました。
詳しいことを特に説明されぬまま1年生の僕をはじめて誘っていただいた大会は佐渡島オープンでした。
会場を聞いたとき、この先輩、どうかしてる。(いや、いい意味でです。(滝沢カレン))と僕は幼いながらに感じました。
そして2泊3日、12時間鈍行列車に揺られながら向かい、特急で帰るかどうかをかけた決勝で、じーま先輩は惜しくも敗れ、全身を攣り、動かなくなっている姿を僕は鮮明に覚えています。危うく佐渡島で野宿になるところでした。。
その一件があってから足立オープンや八王子オープンなど出場しましたが、場所的には庭のように近く感じました。

そういった行動力のある人は最近すっかり減ってしまいました。
そんな中でじーま輩には本当にいい経験をさせてもらいました。
とりあえず行ってみる、やってみる、(飲んでみる)、の精神でしょうか。
今となっては良き思い出です。


6月はボーナスということで、ライブDVDを2枚買いました。
amazarashiというバンドで、昔から知ってはいましたが今更はまって聞いています。


明日は、下半身トレーニングの日です。
行きたくねぇ、、いつも前日から憂鬱になります。
上半身は楽だし楽しいから全然そんなことないのに、、
最近、目標を失い上半身下半身とも超適当にやっているので、明日は久しぶりにまじめにやろうかな。
そう考えると余計に憂鬱になりました。

次は、久しぶりの登場!絶大な人気を誇る先輩にお願いしました。お楽しみに!

シェムテックシュ投擲でしゅ

こんにちはヒロPです。


可愛い可愛いウサギさんが死んだことになってから半年が経ったでしょうか。
じいさんが懲りずに4匹のウサギさんを連れてきました。
僕も根っからの悪人ではないので心がやや痛みます。
幸いにも僕は鼻の中のかさぶたに気を取られているのでウサギさんはギリギリ生きています。
いてぇ!かさぶたに棘刺さった!と思ったら鼻毛なんです、、あるあるですよね、、


以下筋トレの話となりますので、興味のない方はここでこの日記は終了です。


さて、moja先輩の日記を拝見させていただきまして僕と同じ筋肉教に入信されたようで大変うれしく感じています。
社会人になって筋トレに飽き、約2年トレーニングから少し離れていましたが、2ヶ月前ほどからまともにトレーニングを始めました。
がしかし、仕事やらで週に2回ほどしかできていません。上半身と下半身に分けてやるので実質部位としては週1です。それでも結構まじめにやっているので学生のころより重量が挙がるようになりました。
また、最近では目標としていた重量を扱えるようになり、ひそかに喜んでいます。
これでやっと僕は中級者であります。

moja先輩が書いていた、筋肉痛にならないと不安になる、これは筋トレというよりウエイトをはじめたらまず経験するあるあるです。
おっしゃるとおり筋肉痛は筋肥大には関係ないというのが通説です。科学的にも証明されているようですし。狙った部位に効かせられていないのであればまさにそれが原因ですが、トレーニング中しっかりパンプアップできていれば特に気にする必要はないと思います。また、筋肥大の1つの指標として、挙上重量の変化で判断するのが良いです。筋肉痛が弱くても着々と挙上重量が上がっていれば今のやり方で全く問題ないです。その中で挙上重量が停滞すればまた原因を探らなければなりません。
と、なんか軽く僕の余計な意見を書かせてもらいましたが、知識だけは一丁前なのです。まだまだ勉強していきます。

筋トレの相談にはいくらでも乗りますので、ぜひ。
ただ、少し答えられなかったりしただけで、我覇者なり。と言わんばかりに僕を煽るのはやめてください。


説得力のある身体になる。
今年の目標はこれでいきましょう。

成人式で死んだのは

式典

いつも通りのメンバー、野球部だった一部と+αであくびをしながら入場

せっかくだし一番前に座わるか、とか言いながら着席

壇上へ上がり、場を荒らすわけでもなく

えあんな禿げ方する?とかボソボソとガヤを入れながら退屈な式典を終え

中学の時のいじられキャラを当時のノリでいじって変な感じになってみたり

そんな仲良くない奴とも写真を撮ってみたり

夜の飲み会まで時間あるしとボーリングへ

飲み会も近くなり、〇澤(当時野球部顧問)殺すとかみんなで言いながら会場へ

場も暖まり、見切り発車でかけた〇澤コールでにらまれながら

カラオケ屋に場所を変え、そのまま夜通し飲み続け

朝には病院に場所を移しておりました

これがつい4年前の話です

ちょうど今年の成人式の日に荒れる県西で僕も飲んでいて、たくさんの成人の人と絡んだのやら絡まれたのやらしてました
なつかしくも、もうあれから4年も経たつのかと悲しくなったんですな

そんな感じです

成人を迎えられたバド部の皆様、あめでとうございます

次の方はまだ決まっていませんのでしばらくお待ちくださいませ

これも1つの要因です。

こんにちは、ヒロPです

タイトルに深い意味はありませんが、最近すね毛を右足だけ剃りました
なぜか
足を捻挫してしまったからです
ある日の部活、あべちゃんくんとのシングルの試合、1ゲーム目1ラリー目1打目で僕の足は泥沼へワープしていきました

さて話は変わりまして、マエケンくんの話にもあったように、僕の最近の趣味はサウナです
最近といってももうハマってから半年以上は過ぎているでしょうか
足が泥沼へ飛んでいったことを口実にサウナ治療へかなりのハイペースで通っています
昨日もサウニストの卵たちとともに極楽湯へ行ってまいりました
マエケンくんの話の中にあったハクレンおじさん
少しの雑音で集中力を切らし、取り乱してしまうのを見るにサウナ初心者であることは一目瞭然でありました
そしてハクレンJr.はサウナに入らずなぜか水風呂にだけ入るという、上級者なのか初心者なのか判断に迷う行動をとっていましたが、ハクレンJr.ということできっと初心者なのでしょう

そして今日も8連勤初日ということで景気づけにキメてまいりました
温冷交代浴は血行を促進し、怪我の回復を早めるはずですが、一向に足の具合は良くなっているようには思えません
しかし体を温めた後の水風呂は最高です
みんな地獄と言っていますが天国の間違いです
あの3セット目あたりでくるめまいとか
あまりに天国過ぎて、どこだかの上級者がうん〇を漏らしてしまう(過去の実話)ほどです
おかげでその銭湯の水風呂には懐中電灯を持った警備員ばりに監視をする店員が配置され、「不審な行動をとる人を見つけたらすぐに店員まで」と書かれた看板が置かれる始末です
常連のサウニストも
「店員さんよぉ!俺絶対に犯人捜してやっからよぉ!俺毎日来てっからよぉ!!(絶頂)」
と言いながら毎回水風呂に飛び込んでいきます

というような感じで生活しておりまして一向に結婚の兆しが見えません
まぁ楽しいからいいかと思いながらも若いと言えるのも残りわずかなので、若いうちにしかできないことをやりたいものです
大先輩方、何か今しかできないことがあれば教えてくださいませ
よろしくお願いします

以上です

THE NEXT ARTIST IS お髭がCUTEな人気者

ラッキーオッキー

オッキーさん元気かなぁ…
いわきオープンではお目にかかれるのでしょうか…

お疲れ様です。ヒロPです。

僕の周りでは大変なことが起きております。
僕の近しい人と近しい人が結婚することになったみたいです。
11歳差…付き合って約半年…妊娠数か月…
なんてこった…
そもそも付き合っていたこと自体知っている人は片手で数えられる程度…
これを発表したとき、何人がショック死するのでしょうか…
いいなぁ、結婚…
僕はというと、結婚できる兆しはございません。
かわいい後輩たちと結婚のビジョンを考えます。
30歳で子供がほしいと仮定して逆算していきます。
結婚から子供が生まれるまで3年、付き合ってから結婚まで3年とすると24歳の時にお相手を見つけなければならないそうです。僕は今年で24歳です。タイムリミットまで残り1年。
だめだったらまたかわいい後輩たちに計画を立て直してもらうことにしましょう。

さて最近の流行りといえば、アトピーなわけですが僕のソウルメディスン、オロナインを塗り始めて約1か月。
全く治る兆しがないどころか悪化しているようにも見えます。
癌でしょうか。
でも今までオロナインで治せなかった病気はありません。気長にいきましょう。

最近は間違ってラケットをオークションで落としてしまったところですが、バドミントンの動画をよく見ています。
特に見ているのは、1人上げないラリーの根性バドで有名な小野寺裕介、ふざけてんだかなんなのかよくわからないkoo kien keat。
とても参考になります。

最後に、私の動物園ではよくウサギが脱走して捕まえるのに半日仕事にならないことがあります。
ヤギも追いかけると首をぶん回しながら泣きながら逃げ回ります。
もううんざりです。
特殊勤務手当の中に興味深い種類の手当てがあります。
ちなみに今日職場を出るときにウサギが脱走していました。
が、見なかったことにして帰ってまいりました。
さて明日、どうなっていることやら。
場合によってはオッキーかと…

それではまた。